モトグッチ ルマン 3 ヘッドカバーの対策

私はBMW R60、R100 RT、モトグッチ ルマン 3と3台のバイクを所有しています。 その内のMoto Guzzi LeMans 3のシリンダーヘッドカバーは、ライダーの膝のすぐそこに位置しています。 よって段差な […]

進化するABS

近年のABSユニットの小型化は驚くばかりです。下の画像のユニットは、DUCATI モンスター1200SのABSユニットです。ユニットの小型化に感心しました。

倦怠と熱中

友人から聞いた話です。とあるバイク屋さんの主人がバイクの楽しさ、奥深さをお客さんに熱心に教え伝え、それを深く理解した多くのお客さんは、レースやツーリングにどっぷりとのめり込みました。その結果、家庭内が不和となり、甚だしく […]

バイクとフィジカル

バイクを長く乗り続けるために必要な事柄は何か?というテーマを自問自答したり、バイクに乗る人と話してみますと、お金、家族、場所、時間、情熱モチベーションなど様々です。40なかばを過ぎた私には、

感動体験は再現可能か 

私はどちらかというと理屈っぽい人間なので、発生した現実に「なぜだろう?」と思案します。

ミッションバイクとメンタルヘルス

二輪業界は日本では斜陽産業で、先行きの見通しは暗いものです。今後はどうなるのでしょう。 バイクの可能性と書くと大げさなのですが、あまり世に伝わっていない、もしくは社会に認知されていない、 バイクのメリットを世に宣伝する必 […]

必須か無用か、バイクとABS

ネットのニュースで新車のバイクにABSの装着が装着が義務づけられるとの記事を読みました。

ツーリング中の避難場所

どこかで聞いた話ですが、パイロットは飛行中に海上の船舶を見つけるとほっとするそうです。 なぜかといえば、何も無い海面に着水すれば不安になるが、船の近くに着水すれば、船員が助けてくれるだろうと安心するそうです。パイロットは […]

ツーリングで怖いこと

「ツーリングで夜とか人気のない場所で、怖くなったりしませんか?」と問われた事が何度かあります。 質問の真意は、幽霊やお化けのたぐいだと思うのですが、想像すればもちろん怖いです。ただ、私は幽霊よりは故障の方が怖いので、それ […]

バイクとハンドリング

ずいぶん前に、バイカーズステーションというバイク雑誌のハンドリングに言及している記事に感銘を受けました。もっとも印象深いのは、ハンドリングの良さとコーナー速度は切り離して考えるべき。という佐藤編集長の言葉です。

強烈な現実としてのバイク

10代の頃にバイクを乗っている友人はたくさんいましたが、今でも乗り続けている友人は殆どいません。

ツーリング中にふと立ち止まる瞬間

私はツーリング中になぜか立ち止まる時があります。 先日、岐阜方面を走行中にトンネルに進入しまして、その日の外気温は28度くらいだったので トンネル内のひんやりとした空気が気分よく、何度なのだろうかとメーターの気温計を眺め […]

トルクスねじについて

※以下の記事は、間違った工具の使用方法を表記しています。一般整備とは関連がありませんのでご注意下さい。 私は未だにキロ表示に親しんでニュートン表示に慣れません。人は習慣で生きていますから、慣れ親しんだ規格を捨てて、新たな […]

バイクと外観 (ドゥカティ 750SS BMW R100RT)

バイクは実用というよりは、趣味の乗り物という側面が強いので、色々な要素を含むと思いますが、私は大雑把に下記の通りに分類しています。 1.スポーツとしてのバイク 2.工学として 3.機械いじり、メンテナンス 4.乗り味など […]

景色と想像力

観光名所の写真に感動し、期待して現地に行くとたいがい裏切られるので カメラマンのスキルを恨みつつ感心します。 ツーリングで目的地に向かう際は、現地の画像や映像をネットなどで調べて想像するのですが、 現実の景色はだいたい想 […]

スタンダードの良さとチューン&デチューンの難しさ

私はモトグッチのルマンⅢというバイクを所有しています。 ルマンⅢのブレーキはちょっと変わっていまして、リアの ブレーキペダルを踏むと、前輪の左側のキャリパーと リアキャリパーが動作します。 このブレーキシステムは、インテ […]

自動運転 能動運転

トヨタ自動車は、8日から11日まで米ラスベガスで開催される国際家電ショーで、最新の自動運転技術を 備えた試作車を公表することをウェブサイトで明らかにした。自動運転技術ではインターネット検索大手の 米グーグルが先行し、20 […]

趣味と依存 

バイクを趣味としている人を観察して思った事ですが、 さほど有為とは思えない人の個性を、バイクは補正してくれるのかと思いました。   友人のDは古いカワサキのバイクに乗っています。 自分のイメージを大事にして、そ […]

バイクと心理的なもの 

人が「心地よい」「気持ちが良い」と感じる対象物は様々です。 バイクに乗っている人で、エンジンの振動を「心地よい」「気持ちが良い」 と感じる人が多くいます。 世間の一部の方は、これをキ○ガイとか 不気味とかキモイとか云いま […]

なぜバイクに乗るのか なぜバイクが楽しいのか

何故、バイクは楽しいのでしょうか?何回も自問しましたが、なかなか発見できません。
私は部分的に神経質な性格で、それはネガティブにもポジティブにも変化します。
バイクは、こういう性質を有為な方向に変えてくれます。運転していてクラッチが重く感じれば、
クラッチワイヤーに注油したくなります。軽くなったレバーを握ると嬉しくなるものです。